官僚ブログ

官僚の卵(自称)が、日々のよしなしごとを綴る。

「官僚離れ」

国家公務員総合職試験試験の申込者が減ったらしい。。。 最近は毎度のことだが、今回は、下げ幅が大きかったとか。 キャリア官僚の採用試験 応募者は過去最少 コロナで地方志向か | 新型コロナウイルス | NHKニュース 「公務員離れ」深刻化…「キャリア」試験…

会議のオンライン化について雑感

先日、ある会議を無事に終えた。 ウェブ会議システムを併用して、対面の会議を中心としつつ、オンラインでも参加できる「ハイブリッド型」で実施する初めての試みであった。(開催の2週間程前にオンライン化の方針が決まり、オンラインに精通しているだろう…

ただの日記

すーーっと眠りに落ちていくような感じだった。 一瞬だけど、夢も見た気がする。 大丈夫? との声で目を開けると、徐々に視界が明るくなって、床に寝ていた。 ものすごくひどい立ちくらみのようで、気分は悪い。 意識を失ったという状況を把握するまでに30秒…

テレワークとか働き方とかの話

今日も天気がいいし、少しずつ春を感じられる日が増えてきた気がする。のんびり桜でも観ていたい気分だ。。 そういえば、コロナと共に過ごしてもう一年経つのだな...と思う。あのときは、なんだこれは?ヤバいな!とは思いつつも、まさかここまで長引くこと…

新年の抱負【2021年】

明けましておめでとうございます!!本年もよろしくお願いいたします。 すっかり遅くなってしまったが、2021年最初の投稿になる。ということで、新年の抱負を。 基本的に年度で動くから、年が変わったからと言って何か変わるわけではない(もっとも年度の変…

休日の職場は、静かで悪くない。

今日も、徒然なるままに〜〜、書くことにする。 どうしても、休日に職場に来たくなることがある。(おそらくあんまり良いことではないが。) ただ、金曜日は、「まあ、週末にやればいっか…」と思ってしまうことが多いし、昨日は、大忙しの1週間の締めくくり…

【雑記】冬は寒いけど、星が見えるなら。

はてさて、なんと、2か月ぶりの投稿となる。今日は、久々だし、肩慣らしに、筆の赴くままに、ダラダラとよしなしごとを書き連ねたい。(タイトルも内容に関係ないし、特に意味はない。。。今夜はふたご座流星群だとか。) そもそも、なぜこんなにも更新が滞…

組閣のとき裏では...(おしごと紹介④)

#組閣 #官僚 今日は、忘れる前に記録に残しておきたいことがある。(2週間以上前だから、もう忘れかかっているが。。。) 組閣の裏側(という程でもないけど)である。 9月16日(水)に菅内閣が発足したが、発足日から金曜日までの3日間のバタバタを振り返り…

「大臣」には種類がある!?

先週の16日、菅(すが)内閣が発足した。 巷では、変わり映えがない、派閥のバランス、実務重視、74%の発足時歴代3番目の支持率などなど評価があるが、今日は、評価については立ち入らず、政治学的な話?あるいは一般常識?として、大臣の「種類」について、…

総裁選2020政策比較!

さて、今日は、先週の続き!ということで、自民党総裁選(実質的に次の首相選び)の候補者の政策をまとめてみた。 (下のPDF(画像)にまとめたので、ブログ本文の文章は短めだけど許されたいw) 各候補者のパンフレットを基に、政策分野で分類しながら、表…

総理大臣はどうやって決まるか?

安倍さん、総理やめるってよ。 28日の会見は、まさに青天の霹靂だった。長く続くものもいつかは終わりが来る。という当たり前のことに気づかされた。(もしかしたら日本政治の重要な転換点にあるかもしれない。。。) さて、今日は、7年8か月も総理大臣が変…

自由民主主義に代わる4つの構想

今日は、またまた久しぶりの投稿になってしまったが、これまでとはちょっと異なる文章を書いてみる。(そういえば、前回も論文であったが。) これまで、「日記」と「雑記」というカテゴリー分けで書いてきたが、新たなカテゴリーとして「政治学の窓」を設け…

官僚の働き方とその改革

大学院の期末レポートに追われていたため、1ヶ月もあけてしまった… 今日は、提出した拙稿を流用(わかりやすく?編集)して、「官僚の働き方とその改革」について、紹介したい。(ちょっと長いけど読んで欲しい。。。) はじめに官僚という職業は、「激務」で…

沖縄の空。

先月末、初出張(人生初の沖縄)に行ってきた。 6月19日に都道府県をまたぐ移動が解禁され、(今はまた東京を中心に感染者が増加してきているが、)ついに、出張が可能になったのだ。 まだ出張行ったことないよな?と参事官の出張に随行させてもらった。 主…

「国会答弁の裏側で」(おしごと紹介③)

「国会答弁の裏側で」 ー国会で大臣や政府参考人が議員の質疑に答える。その背後には、官僚たちの夜を徹した壮絶な闘いがある。その「絶対に負けられない闘い」(笑)について、今週初めて国会対応を経験(まさかの二日連続)したので、ルポルタージュ風?にま…

社会人って孤独だな...

「社会人(大人)って孤独だな...」 自分が未熟なんだろうけど、なんというか、必要以上に干渉しないというか、勝手にやってろという雰囲気(それが社会人ということなのだろうが...)があまり好きではない。 うちの職場がどうとかそういう話ではなく、社会…

首里城応援企画!

今日、沖縄の魅力を伝えるウェブサイト「OKINAWA 41」上で、首里城復元に向けた応援企画が始まった。 みんなに描いてもらった塗り絵を繋げて首里城正殿の絵を作るらしい。 www.okinawa41.go.jp 首里城の復元にはあと6年程?かかるらしいが、塗り絵をつなげて…

ただの日記 5.30

ブルーインパルスが飛んだ。 医療従事者に感謝の気持ちを込めて。 昨日は出勤してたから、外に出れば見れたのだろうが、テレビ中継で見ていた。特に忙しかったわけではないが、食堂でお昼を食べて部屋に戻ったときにテレビ中継で知ったから、見に行くことは…

おしごと紹介②:他省庁等からの照会対応

仕事に慣れてきたこともあり、テレワークの利点を享受できるようになってきた今日この頃。上司にすぐ相談できないとか、職場の状況が把握できない不都合もあるけど、やっぱり、忙しくないときは気持ち的にものんびりできるし、始業ギリギリまで寝れるし、終…

おしごと紹介①:閣議後会見の準備

およそ2週間ぶりの投稿になる今日は、業務の紹介をしたい。(一応、Week 5ということになるかな。Week 4は連休明けで勤務は2日だけだったけど笑) 今週、特に木金は、あまり忙しくなかったこともあり、仕事に慣れてきた感が出てきた気がする。どういう流れで…

Week3

いや、今日はあまり書く気が起きないが、、、先週感じたことを書き留めておきたい。 いや、なんというか、無自覚のストレスがあるんだなぁと実感している今日この頃。どうも眠りの質が悪くて、肉体的ではない疲労感がつきまとう。 仕事ツライとかまったく思…

Day10

今日は、気分良くあがれた。(23:15退庁w) もはや、タイトルの注釈も要らないだろうが。所属されて10日目だ。 (※ ↓先週のブログを読んでない方は、先にチラ見してほしい↓ ※kanryo-blog.hatenablog.com 業務の勉強をするのではなく、業務(もちろん下っ端業…

Week 1

あっという間の1週間だった。なぜタイトルがWeek1かというと、部局に配属されて実際に働くようになった初週だからである。(それまでの研修は、特に労働という認識はない。実際のところ、まだ何もできないから、労働になり得ていないが...笑) 今日は、難し…

「国の責務」としての沖縄振興

沖縄振興は、「国の責務」である。 いきなりなんだ...という感じだが、在宅研修で調べものをしたので、そのアウトプット?として沖縄振興政策について書いてみる。 沖縄は、次のような特殊事情から、国が振興(を手助け)する責務があるという。 ①歴史的事情…

「合理的配慮」

「合理的配慮」とは、、、 簡単に言うと、「障害者に対して、無理のない範囲で合理的に配慮しよう(しなければならない)」という概念である。日本では、いわゆる障害者差別解消法によって法定化された。 ただ、「合理的配慮」という言葉がどうも気に入らな…

「桜」と公文書

「桜」問題とは、、 昨年11月に指摘され、今国会でも新型コロナが拡大するまで取り上げられていた、首相主催の恒例行事「桜を見る会」をめぐる問題である。 庁舎あるいは官邸前の桜がとても美しいのが、なにか寂しく感じる。 現政権のもと支出額が年々増加し…

公務員倫理の話

公務員倫理とは、 一言で言えば、、、国家公務員として「あるべき姿」であろう。 それは、きっと、国民全体の奉仕者として、公益に資するということ、また、中立、公正というようなことであろう。もっと有体に言えば、「おれらの税金で食ってんだから、まと…

初日は雨。

雨だから家から出ない...なんてことは、もはや許されず、初日を迎えた。 午前は、諸手続きと入府式。午後は、講義形式ともいうべき研修が始まった。 入府式に際し、 私は、国民全体の奉仕者として公共の利益のために勤務すべき責務を深く自覚し、日本国憲法…

前夜

さて今日は、しばらくぶりの投稿になるが、 前夜ということで、志望動機を振り返り、とりあえずの目標を立てたい。 官庁訪問で使用した面接カードでは、「国家公務員、 特に内閣府を志望する理由」として、以下のように書いた。 ・・・・・いささか恵まれた…

官庁訪問の思い出

気が付けばもう半年以上も前のことになるから、なんとか記憶を呼び覚まして書きたい。 終わり良ければ全て良し。ではないが、最終日に内々定をもらった自分の記憶は、かなり良いように補正がかかっていること、それから、自分の官庁訪問は、他の人と比べてか…